売買の相手方

借地権売買をするには売買の相手方を探さなければなりません。現在の不動産取引の状況を考えるとこれは大きなハードルです。実際にも借地権を売りたいが相手がいないので地代を払い続けているなんて事例が山ほどあります。個人で売却相手を探すのは無理なので不動産会社に頼ることになります。ここで、不動産会社が借地権の取り扱いに慣れていないと痛い目を見ることになります。

借地権売買において地主の承諾を得るのは絶対条件になります。事後承諾は絶対にダメです。借地権の解約原因となってしまいます。ただ、売却前に概括的に地主の承諾を得るのは難しいです。承諾料○○円払うので借地権売ったときには承諾して下さいといった交渉はなかなか成功しないと思います。承諾料は借地権価格の10%なんて言われていますが、絶対的なものではないです。地主は借地権の買主と契約関係に入るので、借地権の買主が誰かに強い関心があるのです。買主によって承諾しなかったり承諾料を変えたりするのは当たり前です。

借地権を地主に買ってもらうことも視野に入れなくてはなりません。借地権を第三者に売却する場合と地主に売却する場合には値段が大分違っています。借地権の価値は簡単に査定することはできないのです。一般に土地には借地割合というものが設定されており住宅街では地価の6割なんて数字が出ていますが、借地権が地価の6割で売れることはありません。借地割合は相続税を計算する際の基礎となるもので借地権売買においては目安にすぎないのです。借地権の価値は、個別事例において大分異なってきます。

借地権を売却するには、借地権売却の専門家に相談することが必須となります。