借地権を売る

人生で借地権売ることはないとお考えの方もいるかもしれません。長い人生の中では、何があるか分かりません。現にいま借地権を売買しようとしている人も、それまではまさか自分が借地権を売買することになるとはと思っていたのです。転勤になった、離婚した、転職した等々いろんな可能性が考えられます。自分が所有している土地に家を建ててるよという人がいるかもしれません。ただ相続もあります。さらに、配偶者が借地権付きの家の持分を相続するかもしれません。

そもそも借地権とは、借地借家法に規定されていて建物の所有を目的とする地上権または土地賃借権をいいます。自分の土地に賃借権より強い地上権を設定する地主はいませんから、借地権とは建物所有目的の土地賃借権のことと言っていいです。借地権は土地に建物を建てる権利であり財産権であるので当然に売買の対象になります。ただ、この売買は、様座な制約がある特殊な売買です。

一番の制約は地主の承諾が必要とされていることです。土地の所有権を有する地主は、誰が借地権を利用しているかによって重大な影響を受けるので、借地人が借地権を売る場合地主の承諾を得るよう法律で規定されているのです。また、借地権売買は法律関係が複雑になりがちです。相続が絡むとなおさらです。

借地権売買の承諾を貰おうと借地人と地主が交渉した場合、かなりの確率で揉めることになります。一度でも借地権売買をしたことがある人は借地権売買=トラブルと思われるかもしれません。承諾するか否か、承諾するにしても承諾料はいくらかで必ず問題が起きるでしょう。そのほかにも無数の問題が出てきます。

ここで、第三者であり、数多くの交渉をしてきた専門家に頼る必要が出てくるのです